天気情報を活用してシーンに合った接客を実施する
地域情報(アプリ:ロケーション/天気情報)を利用すれば、IPアドレスよりある程度の精度で地域を特定することが可能です。 例えば雨の地域には雨関連グッズをご紹介など地域情報を生かした接客が可能です。 これにより例えば、雨の地域には雨関連グッズを紹介するなど、天気情報を生かした接客が可能です。 当日の天気情報以外にも、翌日の天気情報や気温や降水確率などの情報も取得できるので、それらを活用してセグメントをつくり、お客様のシーンにあった接客を行うことができます。
advisor
スタッフからのワンポイントアドバイスPlaid Staff
天気情報は今日の天気以外にも、明日の天気、今日の最高気温/最低気温などの情報も取得が可能です。