サイト上に簡易に閲覧履歴機能を導入
過去に見た商品を再度見たいと思った時に、何回も戻るボタンや商品のボタンをクリックするのは手間ですよね。 見たいページにすぐに行けないと諦めて離脱してしまうユーザーもいます。閲覧履歴機能があれば、直近見ていた商品ページに簡単に遷移することができます。
advisor
スタッフからのワンポイントアドバイスPlaid Staff
この接客サービスでは、opengraphで指定されているog:url, og:title, og:image を利用するため、それらがサイト上から取得できることが前提となります。カートや決済ページなど、不必要なページ以外は全ページで配信をすることをおすすめします。 また、常にサイトに常駐する形で「アクセス毎」で配信することを推奨いたします。