「よくある質問&回答」を適正なタイミングで表示し問い合わせ削減を
サポート窓口などに寄せられる問い合わせの多くは、数個に限られ固定化させる傾向があります。 定常化された問い合わせに関しては、テキストでの簡易回答と、適した誘導先(電話窓口やメールアドレスなど)と共に表示し解決へ導きましょう。
advisor
スタッフからのアドバイスKARTE Staff
常日頃からサポートチームと連携することにより、ユーザーの実際のニーズや行動を知ることができます。
問い合わせをするユーザーはある意味熱量が高いと考えられます。適切な回答と誘導を行なうことによりコンバージョンへつなげることができます。